京都大学附属図書館が所蔵する医学分野の貴重資料コレクション「富士川文庫」全点の電子画像を公開しました(2018年4月26日)

京都大学図書館機構は、京都大学附属図書館が所蔵する医学分野の貴重資料コレクション「富士川文庫」全点の電子画像を、京都大学貴重資料デジタルアーカイブに公開しました。

京都大学附属図書館が所蔵する「富士川文庫」は、約5,000点にのぼる医学書のコレクションで、富士川游(1865-1940)医学博士・文学博士から大正6年以降3回にわたって寄贈されたものです。博士は、日本医学の生長過程を跡付ける『日本醫學史』編纂の参考資料として、学術的図書を広く系統的に収集し、明治以前の和漢の医書と、江戸中期以後、主として幕末期の西洋医学書の翻訳書からなる蔵書を構築しました。

今回新しく公開した資料の一つ、和蘭医書の翻訳書『和蘭全躯内外分合図及験号』には、筋肉系、循環器系、骨格系等を描いた紙片を重ね合わせて表現した人体解剖図が含まれています。

和蘭全躯内外分合図及験号
『和蘭全躯内外分合図及験号』(京都大学附属図書館所蔵)に収録されている人体解剖図(一部)
 左から4点は前面図、残りの2点は背面図。上から順に紙片をめくると、筋肉系、循環器系、骨格系等の解剖図が現れます。


「富士川文庫」の電子化は平成10年度から進められていましたが、京都大学図書館機構では、平成28年度及び平成29年度に採択された大規模な電子化事業(※)により、平成28年度に約2,000タイトル、平成29年度に約2,700タイトルを電子化しました。今回1,647タイトルを京都大学貴重資料デジタルアーカイブに公開したことで、「富士川文庫」の電子化・公開事業が完了しました。

(※)平成28-29年度電子化事業

  • 「京都大学附属図書館所蔵『富士川文庫』保存・公開のための修復・電子化事業-わが国の医学の歴史を俯瞰する研究基盤構築のために-(機能強化経費)」
  • 国文学研究資料館「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」
  • 京都大学重点戦略アクションプラン オープンアクセス推進事業

     

「富士川文庫」1,647タイトル他、1,924タイトル(2018年4月26日)

妙法蓮華経 附属図書館所蔵(谷村文庫 1-23/ミ/1貴)
『妙法蓮華経 』(附属図書館所蔵 谷村文庫 1-23/ミ/1貴)

「富士川文庫」1,647タイトル他1,924タイトルを新しく公開しました。
平成30年4月26日現在、合わせて10,362タイトル、900,314画像が公開されています。

附属図書館所蔵資料
     富士川文庫    1,647タイトル
     谷村文庫    106タイトル
     一般貴重書(和)    104タイトル
     室賀文庫    19タイトル
     近衛文庫    8タイトル
     清家文庫    1タイトル
     島田文庫    1タイトル
     ドイツ教育学文献コレクション    6タイトル
     普通書        12タイトル
     準貴重書    1タイトル
吉田南総合図書館所蔵資料    7タイトル
文学研究科所蔵資料        4タイトル
経済研究科所蔵資料        8タイトル

 

「富士川文庫」1,114タイトル、「河合文庫」1,328タイトル他(2018年3月30日)

平成29年度に電子化した「富士川文庫」1,114タイトル、「河合文庫」1,328点タイトル他、2,460タイトルの資料の画像を新しく公開しました。平成30年3月30日現在、合わせて8,438タイトル、717,532画像が公開されています。

▼富士川文庫
富士川文庫は、医学博士・文学博士富士川游氏の旧蔵書で、約5,000点にのぼる医学書のコレクションです。「京都大学附属図書館所蔵『富士川文庫』保存・公開のための修復・電子化事業-わが国の医学の歴史を俯瞰する研究基盤構築のために-(機能強化経費)」(平成29年度) により、1,114タイトルの資料を電子化しました。

▼河合文庫
河合文庫は、文学博士河合弘民氏が朝鮮史の研究に資するために採集した、朝鮮文書類とその典籍部です。2015年から実施している、京都大学附属図書館、京都大学人文科学研究所及び高麗大学校民族文化研究院の共同事業により電子化した文書類1,328タイトルを新たに公開しました。

日用食性和解大全 3巻
日用食性和解大全 3巻
정치/행정-외교-외교문서
정치/행정-외교-외교문서

 






 

「中井家絵図・書類」二条城関係資料(2018年2月27日)

二条御城中絵図
二条御城中絵図

京都大学附属図書館では、平成29年度、京都市元離宮二条城事務所と連携の覚書を取り交わし、当館が所蔵する「中井家絵図・書類」のうち二条城関係資料249点を対象として、元離宮二条城事務所、京都大学文学研究科及び総合博物館の研究者が資料調査と目録整備(メタデータ作成)を行い、当館が資料の電子化・公開を行いました。

二条城は、後水尾天皇の行幸(寛永3年、1626年)を迎えるために、寛永元年(1624年)から大改築が行われています。今回電子化した資料は、江戸幕府京都大工頭であった中井家に伝えられた二条城に関する図面・文書類で、改築による変更を記した付箋が数多く貼付された図面など、二条城、京都の歴史を研究するうえで重要な資料群です。

長い年月を経た貴重資料の中には、今後も確実に保存していくために閲覧を制限せざるを得ないものが多くあり、特に大判の図面類等は、資料を開くために十分なスペースを確保して慎重に扱う必要があります。こうした資料も、「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ」で、拡大縮小したり表示範囲を変えたりしながら、自由に閲覧することができます。

「中井家絵図・書類」には、すでに電子化・公開している地図類、二条城関係資料の他にも、京都御所や寺社、その他京都市内の建築物の図面、中井家に関する史料等が含まれています。京都大学附属図書館では今後もこの貴重な資料の電子化・公開を進めていきたいと考えています。

▼「中井家絵図・書類」二条城関係資料

 

河合文庫(2018年2月7日)

1661年、呉承傳色宅奴石伊土地売買斜給立案
1661年、呉承傳色宅奴石伊土地売買斜給立案

河合文庫は、文学博士河合弘民氏が朝鮮史の研究に資するために採集した、朝鮮文書類とその典籍部です。京都大学附属図書館は、大正8年(1919)に博士の遣族よりその旧蔵書793部、2,160冊を購入して特殊文庫の1つに加え、それ以来大切に保管してきました。

そうした中、2015年、京都大学附属図書館、京都大学人文科学研究所及び高麗大学校民族文化研究院は協定を締結し、京都大学附属図書館が所蔵する韓国古文献の調査、電子化及び解題の作成を協力して実施することになりました。

今回新しく公開したのは、この協定に基づいて電子化された文書類996点です。残りの文書類と典籍類についても、今後順次公開していく予定です。

▼河合文庫

 

工学研究科建築系図書室(吉田)所蔵 重要文化財「ジョサイア・コンドル建築図面」110点(4建築114画像)(2017年9月27日)

東京復活大聖堂(ニコライ堂)
東京復活大聖堂(ニコライ堂)

ジョサイア・コンドルが手掛けた建築作品の中でも最もよく知られた4建築の図面110点(114画像)を新たに公開しました。

これは、平成19年度総長裁量経費「建築家ジョサイア・コンドル作品図面のデジタル化とデータベース構築」事業で作成された高精細画像255点を、工学研究科井手亜里教授から提供いただき、分割撮影された元画像を図面ごとに1枚の画像になるように接合したものです。

▼工学研究科建築系図書室(吉田)所蔵 重要文化財「ジョサイア・コンドル建築図面」

東京復活大聖堂(ニコライ堂) (RB00021520)
唯一館(RB00021521
三井家倶楽部(RB00021522
山県邸(RB00021523


 

地図資料(大塚京都図コレクション、中井家絵図・書類、室賀コレクション)

日本国中図
日本国中図

「京都大学重点戦略アクションプラン」の一つである「オープンアクセス推進事業」の一環として、平成28年度には大塚京都図コレクション、中井家絵図・書類、室賀コレクションの地図資料約80点、約180コマを電子化しました。

地図資料の多くは大判の紙が折りたたまれた形態ですが、これらは撮影室の床に広げた状態でエリアごとに分割してスキャナで読み取りました。公開画像には分割画像を接合した全体画像も含まれていますが、大判資料になると1ファイルで数GBにも及びます。

京都大学貴重資料デジタルアーカイブでは、高解像度の画像を自在に拡大縮小したり表示位置を変更したり、スムーズに閲覧することができます。

▼地図でみる日本、世界    ▼大塚京都図コレクション
▼中井家絵図・書類      ▼室賀コレクション

 

工学研究科建築系図書室(吉田)所蔵 重要文化財「ジョサイア・コンドル建築図面」

赤星邸(大磯)
赤星邸(大磯)

京都大学図書館機構は、オープンアクセス推進事業(*1)の一環として、国立大学改革強化推進補助金の経費により、平成28年度に工学研究科建築学専攻が所蔵する重要文化財「ジョサイア・コンドル(*2)建築図面」358点を電子化・公開しました。

今回、電子化したコンドル建築図面の中には、ジョサイア・コンドル晩年の大作である「島津邸」、「古河邸」、「成瀬邸」など貴重な建築図面が多数含まれており、これら建築図面を公開し提供することで、国内外の建築学、近代日本研究はじめ様々な分野の研究者に広く利用され、研究の発展に資するものと期待しています。さらに近代日本建築の礎を築いたジョサイア・コンドルの建築図面を公開・発信することで、日本の建築文化の世界的な普及につながればと考えています。

*1 オープンアクセス推進事業 - 「京都大学オープンアクセス方針」に基づく学術論文の収集と発信を加速するとともに、長年継続してきた貴重な学術資料の電子化と公開をさらに発展させるための事業。さらに、学内外の研究コミュニティとの連携を進め、収集・蓄積したコンテンツの国際流通促進を図る。
*2 ジョサイア・コンドル Josiah Conder (1852-1920) - イギリス出身の建築家。お雇い外国人として新政府関連建物の設計に携わり、工部大学校の教授に就任して日本人建築家を育成。財界関係者らの邸宅も数多く設計。

▼工学研究科建築系図書室(吉田)所蔵 重要文化財「ジョサイア・コンドル建築図面」