文学研究科所蔵重要文化財『大日本史編纂記録』第11冊から第14冊までを公開しました

2021-06-25
京都大学文学研究科と総合博物館は、文学研究科が所蔵する重要文化財『大日本史編纂記録』の修復・電子化事業を2018年度から実施しており、このほど修復・電子化が完了した第11冊から第14冊までの215画像を、京都大学貴重資料デジタルアーカイブに公開しました。2021年6月25日現在 、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの公開件数は、20,564タイトル、1,663,322画像となりました。

国文学研究資料館の新日本古典籍総合データベースに、「富士川文庫」2,033タイトルの画像を提供しました

2021-04-21
国文学研究資料館の新日本古典籍総合データベースに、附属図書館が所蔵する「富士川文庫」2,033タイトルの画像を提供しました。

「貴重資料をオープンアクセスにするには」を公開しました

2021-03-25
京都大学図書館機構では、古典籍にしるされた情報をより広く共有するための手段として、資料のデジタル化・公開を進めています。新規ページでは、貴重資料をオープンアクセスにする手順を写真付きで紹介しています。

附属図書館所蔵「大惣本」から224タイトルを電子化・公開しました

2021-03-11
附属図書館所蔵「大惣本」から224タイトルを電子化・公開しました。2021年3月11日現在、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの公開件数は、20,564タイトル、1,663,107画像となりました。

京都大学貴重資料デジタルアーカイブの公開資料が2万タイトル、160万画像超に

2021-03-09
京都大学貴重資料デジタルアーカイブの公開資料が2万タイトル、160万画像を超えました。2021年3月8日現在、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの公開件数は、20,340タイトル、1,638,715画像となりました。

修復した『大般若波羅蜜多経』など、附属図書館所蔵資料20タイトルを公開しました

2021-03-08
附属図書館が所蔵する『大般若波羅蜜多経』など20タイトルを新たにデジタル化・公開しました。『大般若波羅蜜多経』は、経年劣化や過去の虫損が深刻で利用できない状態でしたが、2019年度に修復を行い、今回デジタル化が叶いました。2021年3月8日現在、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの公開件数は、20,340タイトル、1,638,715画像となりました。

「絵葉書からみるアジア」771点を公開しました

2021-03-08
「絵葉書からみるアジア」の2020年度事業として、新たに計771点の絵葉書画像を公開しました。

国立国会図書館サーチでの検索結果にサムネイルが表示されるようになりました

2021-03-01
国立国会図書館サーチと京都大学蔵書検索KULINE(貴重資料)のシステム連携により、京都大学貴重資料デジタルアーカイブのURLが国立国会図書館サーチの検索結果に表示され、直接デジタルアーカイブサイトへ遷移できるようになっています。2021年3月1日からは、サムネイルも表示されるようになりました。

琵琶の演奏を家業として朝廷に仕え、豊臣政権とも密接な関係を築いた菊亭家(今出川家)に伝えられた「菊亭文庫」を新たに公開しました

2021-01-21
「菊亭文庫」は、大正10-11(1921-1922)年に故菊亭公長侯爵から永久寄託されて以来、附属図書館貴重書庫に保管され、利用に供されてきましたが、現在の所有者のご厚志により、新たな関係資料とともに寄贈され、このほど正式に附属図書館所蔵資料としての登録が完了しました。今回デジタル化・公開したのは、今出川・菊亭家の系譜を今に伝える肖像画掛軸、家系図、特に貴重な歴史記録である『言継卿記』合計6点です。2021年1月21日現在、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの公開件数は、19,436タイトル、1,614,552画像となりました。

フォロンダ・コレクションなど新しく3タイトルを公開しました

2021-01-21
今回新しく公開したのは、東南アジア地域研究研究所が所蔵するフォロンダ・コレクションの一つであるイロカノ語の祈祷書、文学研究科が所蔵する漢籍『説文解字繋傳 40卷校勘記3卷』、附属図書館所蔵『佐々貴家傳』です。