公開画像が掲載された事例

『世界遺産二条城公式ガイドブック』に附属図書館所蔵の中井家絵図・書類『二条御城中絵図』が掲載されました


2019年10月25日に販売が開始されました『世界遺産二条城公式ガイドブック』に、附属図書館所蔵の中井家絵図・書類『二条御城中絵図』が掲載されました。

『二条御城中絵図』は、天保14(1843)年に作成された、寛永3(1626)年の後水尾天皇の行幸時の全容を伝える二条城の図面ですが、公式ガイドブックでは、建物の名称や色分けされた彩色の意味、資料の特徴等が詳しく解説されています。

『世界遺産二条城公式ガイドブック』は、世界遺産登録25周年を迎える二条城初の公式ガイドブックで、二条城の歴史から、二条城を彩る歴史上の人物、そして現在の二条城に至るまで、二条城の魅力を親しみやすくわかりやすく伝えています。

世界遺産二条城公式ガイドブック 表紙   世界遺産二条城公式ガイドブック 掲載ページ

 

 

学外で開催される展示会等

下記展示会等で、京都大学所蔵資料を実際に見ることができます。
詳細・最新情報は、各機関のウェブサイト等でご確認ください。

資料 機関 展示会 開催期間(当館所蔵資料の展示が一部期間に限られる場合があります)
太閤記 巻七(宝永七年)
太閤記 巻七(大惣本、万治四年)
今日庵 茶道総合資料館 令和2年度秋季特別展 北野大茶湯 令和2年10月6日(火)~12月3日(木)
日本書紀(神代巻) 一般貴重書(和) [RB00013275]
釈日本紀 清家文庫 [RB00008377]
日本書紀神代巻抄 清家文庫 [RB00008003]
日本書紀通証 清家文庫 [RB00008570]
令集解 菊亭 [BB04091372]
奈良県立万葉文化館 令和2年万葉文化館特別展 マンガで語る古代大和Ⅲ 令和2年10月3日(土)-11月29日(日)
【終了】
水日記32巻・目録2巻 平松文庫 [RB00006834]
佐賀県立博物館 佐賀県立博物館50周年特別展THIS IS SAGA -2つの海が世界とつなぎ、佐賀をつくった- 2020年9月18日(金)-11月3日(火)
【終了】
繪本玉藻譚 5巻(普通書)[BB03342012]
肥後国海中の怪 弘化3年(アマビエの図)[RB00000122]
兵庫県立歴史博物館 令和2年度特別展「驚異と怪異―モンスターたちは告げる」 令和2年6月23日(火)-8月16日(日)

(令和2年11月27日現在)

過去の展示会出品記録
▼平成31/令和元年度
▼平成30年度
▼平成29年度
▼平成28年度
▼平成27年度
▼平成26年度
 

 

公開画像を利用した研究事例

京都大学図書館機構では、所蔵資料公開により学術研究活動の推進に貢献することを、重要なミッションの一つと考えています。
本デジタルアーカイブで公開している画像を利用した研究事例をご紹介します。

大藏經テキストデータベース研究会 IIIF Manifests for Buddhist Studies 大藏經テキストデータベース研究会が公開している、仏教研究に関係するIIIF Manifest URIを共有するサイトです。「Attributions」から「Kyoto University Rare Materials Digital Archive」を選択すると、京都大学所蔵資料の一覧が表示され、複数のビューワーから選択して画像を閲覧することができます。同研究会は、『大正新脩大藏經』の第1巻から第85巻までの全テキストをデータベース化した「SAT大正新脩大藏經テキストデータベース」を発信しています。
人文学オープンデータ共同利用センター 顔貌コレクション(顔コレ) 「顔貌コレクション」は、美術作品に出現する顔の部分を切り取って集め、それを美術史研究(特に様式研究)に活用するプロジェクトです。描き方から作者や工房の特徴を読み取りやすいため、顔貌表現は様式研究の重要な素材の一つです。日本の絵巻物を中心として古今東西の美術作品から顔貌を切り取って収集し、顔の描き方を比較検討することで、例えば絵師や工房の異同を推定したり、影響関係を見出したりすることが可能になります。 (顔貌コレクション(顔コレ)ウェブサイト http://codh.rois.ac.jp/face/ より引用)
国文学研究資料館蔵書印データベース 蔵書印文、印文文字数、印文出現位置、印文行数、印文改行表記など、さまざまな方法で蔵書印の実例を検索することができます。 京都大学附属図書館が所蔵する谷村文庫の蔵書印が採録されています。

 

 

京都大学で開催される展示会等

[終了] 平成30年度図書館機構貴重書公開展示「韓国古文献の世界」(2019年2月19日-3月3日)

 京都大学附属図書館、京都大学人文科学研究所及び高麗大学校民族文化研究院は、2015年2月に協定を締結し、京都大学附属図書館が所蔵する韓国古文献の調査、書誌情報・解題の作成及び資料の電子化を行う共同事業を推進してまいりました。
 このほど、京都大学人文科学研究所及び高麗大学校民族文化研究院からそれぞれ日本語、韓国語で河合文庫目録が刊行される運びとなり、それを記念して日韓の研究者が集うシンポジウムが開催されるのに合わせ、実際の資料をご覧いただける貴重書公開展示を開催します。

 

[終了] 平成30年度 図書館機構 貴重書公開展示「韓国古文献の世界」

・会 期:2019年2月19日(火)-3月3日(日)
・時 間:9時30分-17時00分
・会 場:京都大学 百周年時計台記念館1階 歴史展示室内 企画展示室 <
交通アクセス
・入場料:無料
・主 催:京都大学図書館機構

・展示品(リンク先からは電子化画像をご覧いただけます)

  安東金氏金寿増男妹分財記
  経世遺表
  金石集帖
  歴代兵要

  他 全12点
展示会図録(冊子版は展示会場で配付し、近日中に京都大学学術情報リポジトリでも公開します)

 

※京都大学図書館機構では、所蔵する貴重な資料を学内外に公開し、広く市民の方にも親しんでいただくため、数年に1回展示会を開催しています。

▼過去の展示会の情報を見る