三十六歌仙
三十六歌仙

清家文庫は清原夏野(782~837)27世の孫少納言舟橋秀賢を家祖とする元子爵舟橋清賢氏の伝襲本である。

舟橋家は清原夏野以来,明経博士をもって経書を講じ,現当主の先代逐賢にいたるまで,その家学を継承した儒学の名家である。菅家とともにわが国儒学の双へきであった清原家は後に舟橋と改姓し,あるいは分家して伏原と称したが清原元輔以来,清少納言,頼業等その一門より学者,文人が続出し,学界に輝しい足跡を残している。特に宣賢,業忠,国賢等は碩学の誉高く,特に宣賢は室町時代の代表的経学者として知られている。

本文庫は舟橋家の遠祖より伝世された同家の日録,備忘録,系図等の記録書翰,秘伝,口宣案等の文書,または天皇に侍読の際に用いた進講本等の貴重な古文献の一大集成である。

舟橋家が明経道をもって朝廷に奉仕した清原家の嫡流であるため,本文庫は経書,特に宣賢を主軸とする室町時代の同家の磧学業忠,国賢等の儒学の著書を根幹としている。しかし宣賢筆の「新古今集注」,「年中行事」,「宣賢卿字書」等の国文,国史に関する和書も少なくない。

文書記録は室町期をさかのぼるものはなく,その成立は主として徳川期であるが,同家一門の有識者が子孫のために書残した儀式典礼の故実,考証に関する覚書類が多く,有識故実の典拠として最も信頼しうるものであろう。

なかんづく本文庫を有名にさせたものに「清原家家学34種」がある。この一群の稀覯書は昭和27年重要文化財に指定されている。その中「周礼疏」単疎本,「孝経述義」明応6年〔1492〕奥書,「中庸」弘安2年〔7382〕の筆写本3点は,いずれも戦前国宝に指定されていた天下の孤本である。特に「中庸」は長慶天皇の弘和2年(1382)僧禅恵によって,大和国宇智郡栄山寺行宮で書写された古鈔本である。それが朱子注であることと,弘和2年(1382)の奥書のあることで,後醍醐天皇以来の宋学の伝統と影響を窺うことができ,儒学史上の貴重な資料として学界より注目されている。また本書が栄山寺行宮に関する重要な歴史的史料であることも,看過することはできないであろう。

「清原家家学34種」には宣賢自筆の「尚書聴塵」,永正,大永,天文年間宣賢自筆の「大学」,清家累代の家訓として伝えられた延文元年(1356)10月教氏伝授の奥書のある「古文孝経」等,宣賢の進講本をはじめとして,訓点訓注が収められ,また清家一門の講説,あるいは書入れ等の南北朝より室町にいたる貴重な原本が集大成され,清家学の本質と伝統が燦然として,その光芒を放っている。

本文庫の特筆すべき独自性は,前述の如く宣賢,国賢等を中心とする清家一門の磧学の自筆本であるが,刊本にも慶長元和年間の,世に本能寺前町版と称する片仮名交りの木活字版「孟子抄」,「毛子抄」等,極めて稀少な珍籍も散見される。

清家文庫は舟橋清賢氏が昭和26年より3カ年にわたって寄贈した2,300余冊と,本館が同氏より購入した「清原家学書34種」等同家伝来の秘籍289冊の集成である。清家文献の収集においては,質量ともに本文庫の右に出るものはない。

なお昭和34年12月,本館創立60周年の記念事業の一つとして,本文庫中の重要文化財「孝子伝」1巻を影印複製して,専門学徒の机上におくった。

(解説の出典: 京都大学附属図書館編「京都大学附属図書館六十年史」第3章第3節)
 

サブコレクション