「中井家絵図・書類」のうち二条城関係資料249点については、平成29年度「京都市との連携による中井家文書の電子化と貴重資料画像の国際流通性向上事業」により電子化・公開を行いました(平成30年2月27日公開)。

京都大学附属図書館では、平成29年度、京都市元離宮二条城事務所と連携の覚書を取り交わし、当館が所蔵する「中井家絵図・書類」のうち二条城関係資料249点を対象として、元離宮二条城事務所、京都大学文学研究科及び総合博物館の研究者が資料調査と目録整備(メタデータ作成)を行い、当館が資料の電子化を行いました。

二条城は、後水尾天皇の行幸(寛永3年、1626年)を迎えるために、寛永元年(1624年)から大改築が行われています。今回電子化した資料は、江戸幕府京都大工頭であった中井家に伝えられた二条城に関する図面・文書類で、改築による変更を記した付箋が数多く貼付された図面など、二条城、京都の歴史を研究するうえで重要な資料群です。

長い年月を経た貴重資料の中には、今後も確実に保存していくために閲覧を制限せざるを得ないものが多くあり、特に大判の図面類等は、資料を開くために十分なスペースを確保して慎重に扱う必要があります。こうした資料も、「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ」で、拡大縮小したり表示範囲を変えたりしながら、自由に閲覧することができます。
 

書誌一覧

1 - 40 of 249