京都市在住の実業家大塚隆(おおつか たかし)旧蔵の江戸時代から明治初期に作成された京都の地図470余枚のコレクションです。京都大学教授の金田章裕(きんだ あきひろ; 1946–)が同コレクションを研究した縁で、京都大学に寄贈されました。現存する日本最古の刊行都市図で京都市街地を描いた『都記』(みやこのき; 通称『寛永平安町古図』; 1624~1626年頃の刊行)をはじめ、貴重な地図が体系的に収集されています。

目録が『京都大学所蔵古地図目録』(2001)に収録されており、展示会図録『近世の京都図と世界図:大塚京都図コレクションと宮崎市定氏旧蔵地図』(2001)が刊行されています。参考図書として金田章裕の「左・右京図と京大絵図」(『古代荘園図と景観』1998)があります。
 

書誌一覧