蔵経書院文庫は日蔵既刊、同未刊文庫と同じく、京都蔵経書院の旧蔵本の収集で、明治38年4月より大正元年にわたって、蔵経書院が刊行した「大日本続蔵経」の底本となった仏典類と真宗関係の仏書よりなっている。

「大日本続蔵経」は中野達慧師が編纂主任となり、先輩、師友の援助を得て名寺の秘庫を探り、あるいは古刹の珍襲を集めて、印度支那の950余人の著述を選集し、1,660部6,957巻に彙輯した全50套、750冊の仏教典籍の一大宝蔵である。続蔵経は「大日本校訂訓点大蔵経」に編入することのできなかった、多数の印度支那の撰述章疏類が続補編入されている。

日蔵既刊文庫は大正3年より10年にいたる8カ年の歳月を費して、中野達慧師が編輯し、蔵経書院が公刊した「日本大蔵経」の底本と、その参考文献の収集である。

また日蔵未刊本は「日本大蔵経」第2部の刊行を予定し、その底本として収集されたが、ついに刊行されなかった。詩文、史伝、雑筆等日本仏教に関する雑纂的名著集である。

「日本大蔵経」は日本仏家300余人撰述の教典、律論および章疏等945部2,200巻の原典が編入された48巻の日本独自の蔵経である。

蔵経書院、日蔵既刊、同未刊の3文庫は、いずれも寺院あるいは僧堂の宝庫または筐底より採集されたもので、貴重な典籍を豊富に包容している。殊に日蔵既刊、同未刊文庫本は日本仏教各宗の開祖、および高僧知識の撰述類が網羅され、また他に類本を求めることのできない稀書も少くない。

この三文庫はいずれも仏典とその類縁典籍の集積であり、また「続蔵」「日本大蔵経」の底本であることに、これらの文庫の他の追随を許さない誇るべき特色がある。

蔵経書院本は大正3年蔵経書院専務取締役松村甚左衞門氏より真宗関係本721冊、続蔵の底本4,270余冊計4,938冊を、また日蔵既刊本は昭和8年4月中野達慧師より798冊を寄贈されたものである。日蔵未刊本は中野達慧師より大正14年2,065冊を購入し、蔵経書院、日蔵既刊の両文庫にならって、一文庫を創設したものである。三文庫はそれぞれの個性と特色を十分に生かしつつしかも渾然と融合して荘厳な仏典の曼陀羅世界を現出している。

(解説の出典: 京都大学附属図書館編「京都大学附属図書館六十年史」第3章第3節)
 

書誌一覧